生活福祉資金貸付事業

【生活福祉資金・新型コロナウイルス特例貸付】コールセンターの開設および郵送受付の開始について

2020.04.22

現在、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、生活福祉資金「緊急小口資金 新型コロナウイルス特例貸付」を実施しています。

特例貸付の開始以降、各区役所内の区社会福祉協議会窓口に申請が集中している状況を受け、感染症拡大を防止するため、「緊急小口資金 新型コロナウイルス特例貸付 コールセンター」を開設し、ご相談の対応や郵送による申請を受け付けています。

 

新型コロナウイルス特例貸付

【緊急小口資金】

緊急小口資金(新型コロナウイルス特例貸付)は、新型コロナウイルスの影響を受け、休業等により収入の減少があり、緊急かつ一時的な生計維持のための貸付を必要とする世帯に、その必要な費用について少額の貸し付けを行うことにより、課題の解決と世帯の自立を支援することを目的とする制度です。

緊急小口資金のしおり

 

新型コロナウイルス特例貸付コールセンター電話番号

※間違い電話により迷惑がかかっております。

コールセンターの電話番号は下記のみとなっております。

くれぐれもお間違いのないようご注意ください。

 

078-262-1626

 

受付時間

【7月中】月~土曜日(日曜日・祝日は休業)

【8月~9月】月~金曜日(土・日曜日・祝日は休業)

9:00~12:00 13:00~17:00

 

・聴覚に障害のある方・電話でのご相談が難しい方

聴覚に障害のある方や、電話での相談が難しい方は、メールまたはファックスでお問い合わせください。

メール:kinkyu@with-kobe.or.jp

ファックス:078-330-4226

なお、メールやファックスでのお問い合わせは、回答までお時間がかかることや、タイムラグが生じる可能性があります。

 

【総合支援資金】<生活支援費>

総合支援資金(生活支援費/新型コロナウイルス特例貸付)は、新型コロナウイルスの影響を受け、収入の減少や失業等により生活に困窮し、日常生活の維持が困難となっている世帯に対し、新たな仕事を探し、生活再建を行う間の生活費を貸し付け、自立に向けた取り組みを支援することを目的とした制度です。

 総合支援資金のしおり

 

なお、引き続き各区社会福祉協議会でもご相談・申請を受け付けていますが、感染症拡大防止のためにできるだけ来庁をお控えいただくようご協力をお願いいたします。

各区社会福祉協議会一覧