善意銀行

善意銀行 寄附金贈呈式

2019.07.26

日 時 令和元年7月11日(木)9:30~10:00 神戸市社会福祉協議会にて

<寄贈者>
みなと銀行 従業員組合 組合長 宮岸 孝介 様、副組合長 西川 正人 様

・平成15年より、みなと銀行従業員組合の方々から寄付金を頂いています。
・今回、現金及び使用済切手2.1kg・使用済カード63枚の寄付をいただきました。いただいた使用済切手・使用済カードは、神戸市中央区の「誕生日ありがとう運動本部」にお渡しし、同法人が運営
する就労継続支援B型事業所でオリジナルグッズとなり、有効活用されます。

7月23日(水)切手・カード類を、届けて来ました。

 

 

特定非営利活動法人 誕生日ありがとう運動本部

神戸市兵庫区において、就労継続支援B型事業所を運営しています。

事業所では、使用済み切手、カード類の収集活動を行っています。収集した切手・カード類は、再利用されオリジナルグッズとなります。

① 古切手コレクションセット② 切手しおり③ 切手カード④ カードしおり⑤ 切手ストラップ⑥ 切手マグネット

「卒園おめでとう!切手しおり」は、毎年2,000枚余りの購入希望があります。

動物の写真やイラスト付きのカード類は、しおりやストラップ、小物入れの台紙となります。

 

2019 HUG+(ハグ・プラス)展 ( こうべ障がい者芸術フェスタ )

“ HUG+ ”とは
抱きしめる、やさしく包み込むという展覧会のイメージを表現しています。「+」は、この展覧会が当事者あるいは鑑賞者に何かしら「プラス」の効果をもたらすことを期待するものです

収集した切手から、必要な色の切手を探し出し、微妙な色は一枚の切手の一部分を使い、すべて手作業で制作された作品です。

いただいた切手やカード類は、余すことなく色々な作品に生まれ変わります。