神戸市障害者スポーツ振興センター

パラスポーツ パネル展示~神戸からみんなで選手を応援しよう!~ 開催しました

2019.10.02

 

「パラスポーツ パネル展示~神戸からみんなで選手を応援しよう!~」 を開催しました。

コミスタ神戸3階と、こうべ市民福祉交流センター1階にて、パラリンピックで活躍した選手の躍動感ある写真パネルや、競技のルール等を記載したパネルを展示しました。

東京パラリンピックでは22種目の競技が予定されており、例えば「柔道」です。

パラリンピックの柔道は、視覚障がい者の競技として行われています。競技は障がいの程度によって区分せず体重別で行われています。

両者が互いに組んでから主審による「はじめ」が宣告され、ふたりが離れたときは試合開始の位置で組み直します。

特に、残り2秒でも組み合ってから始まるため、大逆転勝利もあり得るのはパラリンピックの柔道ならではの見どころです。

神戸市にも強化指定を受けている選手が2名います。

 

今後も神戸市内各地でパネル展示を予定しておりますので、お楽しみに!