市民福祉大学

【2/28開催】障がい福祉施設 中堅職員研修

2018.11.19

【テーマ】
地域を基盤としたソーシャルワーク
~「個別支援」から「地域支援」への展開について学び、考える~

【内 容】
相談支援を行うにあたり、地域資源の活用については理解しているつもりでも、業務に追われるめまぐるしい日々の中で、地域と関わることに注力されにくいのではないかと思います。
しかし「地域」に視野を広げることで、利用者にとっての地域生活が豊かになる可能性を大いに秘めています。
この度の研修では、「個別支援」と、「地域支援」を一体的に推進する「地域を基盤としたソーシャルワーク」の理念について学び、今後どのように行動していくのか考えていただく機会とします。

【対 象】
①神戸市内の障がい者(身体障がい児・者、知的障がい児・者、精神障がい者)福祉施設等でおおむね経験年数が2年以上の職員
②神戸市内の障がい者(身体障がい児・者、知的障がい児・者、精神障がい者)福祉施設等で管理監督的立場にある者
③その他受講を希望する

【講 師】
武庫川女子大学 文学部 心理・社会福祉学科
教授 松端 克文 氏 

主 催】
社会福祉法人 神戸市社会福祉協議会 市民福祉大学

【日 時】
2019年2月28日(木曜)13時30分から16時30分

【会 場】
こうべ市民福祉交流センター 301研修室

【定 員】
30名

【受講料】
1,500円 ( 事前振込制 )
※受講の可否が決まりましたら、決定通知と併せて受講に伴う振込用紙を受講者宛にお送りします。

【締 切】
2019年2月7日(木曜) 締切後のお申し込みについてはお問い合わせ下さい。

開催要項はコチラ

申込用紙はコチラ

お申込